診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

認定看護師のご紹介

認定看護師とは

日本看護協会の認定審査に合格し、ある特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を有することが認められた者をいいます。2010年2月現在、特定されている分野は21分野です。当院では以下の認定看護師が臨床現場で活躍しています。

認定看護師
分野名 人数
感染管理 1名
救急看護 1名
認知症看護 1名
緩和ケア 1名
皮膚・排泄ケア 1名
摂食・嚥下障害 1名

認定看護師徽章

感染管理認定看護師 - 朴桂栄-

感染管理認定看護師の役割は、患者様が安楽に入院生活が送れるように、職員が安全に働くことができるように感染から守ることです。
しかし、私一人の力だけでは守ることは出来ません。医師・看護師・臨床検査技師・薬剤師などのICT(Infection Control Team:感染対策チーム)を中心に、多職種と協働しながら日々活動しています。また、治療に使用される抗菌薬が効果的に使用され、耐性菌出現のリスクを低減するために、ST(Antimicrobial Stewardship Team:抗菌薬適正使用支援チーム)としての活動もICTコアメンバーとともに行っています。

朴桂栄

救急看護認定看護師 -光永留美-

私は2014年に救急看護認定看護師の資格を取得しました。病院の理念である「手には技術・患者さまには愛を・高度医療・総合医療・地域医療」を基に救急医療に携わっています。救急外来を受診される患者さんに症状や背景はさまざまです。そのような中で患者さんや家族の方が安心して治療を受けることができるように救急看護を行っていきたいと日々考えています。他に、救急における救命技術(BLS)は救急に限ったものではなく、病院職員ならば誰もが必要とする技術です。病院職員を対象にして救命技術の講義も行っています。

光永留美

認知症認定看護師 -渡邉祥子-

認知症の患者さんは、環境の変化にとても敏感です。認知症の患者さん、一人一人と向き合い、話を聞き、安心して治療を受けることが出来るようケアを行います。
また患者さんやご家族の思いを尊重した看護が出来るようスタッフと共に日々努力していきます。

渡邉祥子

緩和ケア認定看護師 - 平尾牧子 -

2012年7月に緩和ケア認定看護師の資格を取得しました。日々看護する中で、私たちの方が患者さんやご家族に癒され元気をもらうことが多くあります。患者さんやご家族が少しでも笑顔で、心地よく穏やかに過ごしてもらえるように多職種と連携しケアを提供していきたいと思います。

平尾牧子

緩和ケア認定看護師

皮膚・排泄ケア認定看護師 - 曽我多美子 -

曽我多美子

WOC看護認定看護師と呼ばれていましたが、2007年7月より一般の方にもわかりやすい名称として皮膚・排泄ケア認定看護師へ変更となりました。WOC 看護とは、創傷(Wound)・ストーマ(Ostomy)・失禁(Continence)に関わる看護のことです。専門領域は広いですが現在は主に褥瘡予防対策、ストーマ外来を中心に動いています。今後は排泄障害ケアの活動も行ってきたいです。皮膚・排泄ケアは人間の基本的欲求を満たすために必要なケアです。患者さんと一緒に社会生活の向上を目指した援助を行って行きます。

摂食・嚥下障害認定看護師 - 横川敬子 -

摂食・嚥下とは、食べ物を目で見て、ニオイを嗅いで、口に取り込む。咀嚼を行う、そして飲み込むまでの一連の過程を言います。食事は、生命活動のエネルギー源だけではなく、生活に潤いや幸せをもたらすものです。患者さんの「口から食べたい!」という気持ちに応えられるよう、他職種と連携を図りながら、安全な食事摂取の手助けを行って参ります。

横川敬子

嚥下障害認定看護師

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。