診療科・部門紹介 TOKYO-SHINAGAWA HOSPITAL

外科

基本情報

東京品川病院 外科

はじめに

はじめまして。東京品川病院 外科部長の稲垣大輔と申します。
2020年4月より、私を含め3名が横浜市立大学外科治療学講座から東京品川病院外科に加わり、現在5名で診療を行うようになりました。
新体制となり、パワーアップして、これからも患者様や地域に貢献していきたいと思います。

外科の担当する病気と治療
多くの方は腹痛、咳や発熱など具合の悪いときにはかかりつけの医院や内科を受診するかと思います。それでは外科はどんな治療を行う科なのでしょうか?
外科というと手術のイメージが強いかと思いますが、私たち外科医は、急性虫垂炎(いわゆる盲腸)、胆のう結石症・胆のう炎、大腸憩室炎、腸閉塞、消化管穿孔、 腹膜炎、鼠径ヘルニア(いわゆる脱腸)、腹壁瘢痕ヘルニア(手術の創部のヘルニア)、さらに食道がん、胃がん、大腸がん、肝がん、膵臓がんといった腫瘍などのいろいろな病気の治療を行っております。
それぞれの病気に対して、外科的な手術はもちろんですが、他にも内視鏡やバリウムを使用した造影といった検査を行ったり、抗生剤・水分などの点滴やお食事を休むといった保存的な治療、また、がんに対する抗がん剤治療(薬物療法)も担当しております。
当院は救急告示病院で「断らない救急」を理念として掲げており、私たち外科も急な腹痛といった患者様を積極的に診療しております。

当科の基本的な方針
当科は外科手術に関して、各種ガイドラインなどに準拠した標準的な治療をより迅速に、より安全に、身体へのダメージがより軽くなるように提供することを基本的な方針としております。
手術が必要といわれてから手術までの時間が空いてしまうと、とても不安になってしまうものです。
私たちは当院消化器内科や地域の医療機関から当科へ紹介いただいてから、状態の落ち着いた予定手術であれば、1〜3週間程度で手術が受けられるように、手術前の検査、評価や入院と手術の準備を迅速に行っております。
当院には専門的なさまざまな内科がありますので、高齢の方、糖尿病や心臓病といった病気をお持ちの方であっても、身体の状態や手術に耐えられるかどうかといったことを精緻に評価して、患者様の状況にあわせた手術前後の管理と治療を行っております。
ただ残念ながら、しっかりとした全身評価と標準的な手術を行っても、手術の後には合併症という状況(出血、血栓症、肺炎、神経障害、つなぎ目の縫合不全など)が低い確率で起こることがあります。そのような状況では、外科医や看護師といったチームで合併症を早期発見して、症状が軽度な状況で早期治療に努めております。
患者様の身体への手術による侵襲(ダメージ)を極力減らすため、現在は腹腔鏡によるアプローチを積極的に選択しております。 腹腔鏡アプローチでは、小さな手術創からカメラや器具をお腹の中に挿入してこれまでと同様の手技を行う方法です。開腹アプローチより手術後の痛みが軽くなったり、手術後にすぐ腸が動いて排便良好で食事をよくとれたり、ベッドに寝たきりにならないで身体を動かしたり、リハビリが出来るようになるといわれております。結果として、体力低下を予防でき早期の自宅退院や社会復帰が可能になると考えております。
現在、当科には日本内視鏡外科学会技術認定医がおり、いろいろな病気に対して腹腔鏡手術を安全かつ積極的に採用しております。

当科の特徴
ここで当院の特徴・選んで頂くメリットを2点あげたいと思います。

① 当院はリハビリテーションが質的にも量的にも充実しております。
外科手術の後は、治療のダメージによって一時的に身体機能が低下してしまうことがあります。私たちの施設では、患者様の状態を評価して、必要な方には手術の前から積極的にリハビリテーションを導入し、手術による体力低下を極力防ぐようにしております。近年は、がんの治療におけるリハビリテーションの重要性が指摘されております。

② 当院は回復期病棟を併設しており、また、当院関連施設として回復期病院を多数備えております。これにより、手術の後に早く退院するのが不安な場合には、急性期病棟から比較的長めに滞在できる回復期病棟に移り、落ち着いて体力の回復を待つことも相談可能です。このように、患者様のニーズに応えられるよう、通常の標準手術にプラスαの医療を提供しております。

がんについて
近年、社会の高齢化に伴い、がんを患う患者様は増加の一途であり、国家的に対がん対策が急務であります。
当科でも、胃がん・大腸がん・食道がん・肝がん・膵がんなどの悪性腫瘍(放置しておくと確実に生命に危険を及ぼす”できもの”)の治療に重点をおいております。 腫瘍に対する検査と評価を行い診断・進行度を検討し、外科と消化器内科ともにカンファランスを行い、まず手術で腫瘍を取り除くか、もしくは抗がん剤治療を先行するのか、など治療方針を決定します。
腫瘍によって腸の詰まり(腸閉塞)があるときには、症状を改善するために人工肛門造設や大腸ステント留置などを緊急で行うこともあります。手術に関しては、前述の腹腔鏡アプローチを用い術後のダメージの少ない治療をこころがけておりますが、第一には腫瘍をしっかり根治することを目標とし、できるかぎり重要な臓器機能を保ちながら安全で標準的な手術を行っております。 手術で腫瘍を切除し退院した後には、採血・CTといった検査を行いながら外来で経過を5年間はフォローします。残念ながら、腫瘍が再発してきた場合には、再発腫瘍に対する再手術(肝切除など)、抗がん剤治療、放射線治療などを行います。 どのような状況でも、検査結果などを患者様に十分に説明し、ご本人が納得して希望の治療が受けられるようにサポートいたします。 当科では神奈川県立がんセンターや国立がんセンター胃外科と常に情報共有・人材交流し、自身の技術を向上させ、最新のがん治療を提供しております。 また、必要に応じて消化器内科、呼吸器外科、腫瘍内科、放射線科、専門看護師、ストマ外来と連携し、さまざまな状況にある患者様の抱えている悩みを解決していきます。

おわりに
私たちは、患者様それぞれの病気の状態や進行度、心臓・肺・腎臓など重要臓器の機能、生活の状況といった全身状態、そして、患者様とご家族が治療について望むことを外科スタッフで総合的に検討し、どのような治療がベストかを考えます。 最終的には、患者様にわかりやすく十分に説明し、よく話し合って、治療方法を皆で一緒に決定しております。 外科医だけではなく、看護師、麻酔科医、手術室、リハビリテーション科、検査科、放射線科、薬剤部、栄養部のスタッフ、メディカルソーシャルワーカーなどによるチームで、多くの目の行き届いた、より質の高い医療を提供します。
入院や治療、手術に際しては、わからないことだらけで、まずは不安が強いことと思います。私たちは、患者様とご家族のお話を伺って不安を可能な限り軽減し、そして安全な治療が行えるよう精一杯努力いたします。

年間手術件数(2019年)

年間手術件数

NCDのデータベース事業について
施設認定
  • 日本外科学会認定修練施設
  • 日本消化器外科学会認定修練施設
  • 外科専門研修プログラム連携施設

PDF書類をご覧いただくには、Adobe Reader®が必要です。別ウィンドウマークの付いたリンクは、別ウィンドウで開きます。